幸せは途切れながら続くのか?

フィクションですといいたい

生まれた怨みも申し上げたい

タイトルは友人の言葉を拝借。



私は、恵まれて育った、と思う。
小学校でいじめられたけれど、私立の中学高校にいき、それなりの大学に行った、と思う。家族には感謝している。


母親はいつも言う。「お前が生まれる前は貧乏だった。でも頑張ってここまできた。」「私もあんたと変わりたい」「私は高卒だけどあんたは大卒で偉そうだ」と。
父親は「お前は学歴があっていいな」という。
姉はごくたまに「お前は学歴があっていいよな」と零す。
亡くなった父方の祖父も私の学歴だけ褒めてくれた。
姉を見て育ったので、真面目に、勉強して、それで家族に迷惑をかけないように生きようとしていた。父親はいつも仕事だった。姉はいつも遊んでいた。母親は親戚付き合いと近所付き合いで大変そうで、私にいつも愚痴を言っていた。友達を家に入れるのすら怒られた。
怒られたくない私は、怒られないようにずっと過ごした。それは、思春期もそうだった。だから親の希望を汲み取り、担任の希望も汲み取り、勉強をしていた。
自分のやりたいことなど分からぬまま、大学へ進んだ。


2年前、うつ病になった。大学3年の終わりだ。
バイトがブラックだった、就活でなにも受からなかった、それもある。ただなにより今まで蓋をし続けていた「自分がどこにもいない」ことが心を病んだのかもしれない。

うつ病になったことを家族に伝えた。
姉だけは理解があった。
母親は理解できない、死ぬなら一緒に死んでやろうか、私の方が辛いといった。
父親は何も入ってこなかった。触れたくないようだった。


私は、諦めた。諦めて病院に行くことにした。病院に行き、薬を飲みつつバイトの引き継ぎを行い、教育実習をして、終わったら就活をした。なんとか内定をもらえた会社があったのでそこに入った。
病院は薬を貰うだけだった。カウンセリングなども希望したが「そのメンタルではできない」と言われてなあなあで終わった。多分寛解と言われたのが、1年前だった。


入った会社は業務内容がストレスフルだった。
同期は3人いた。私を含めて男女2.2だった。でもすぐにその内の2人が付き合った。同期には何も言えなかった。
私は人から怒られたくないので、周りの希望を汲み取って動く。きっと人事はこうしてほしい、課長はこうしてほしい、先輩は忙しいからこうしたほうがいいんだろう、そうやって動いてきた。


結局、根本が治ってなかったのですぐに身体と心が悲鳴をあげた。夏のことだった。私の先輩は何でもすぐ文句をつける。私に余計厳しかった気もする。怒られに怒られた。パシられもした。ただすべて自分の経験になるから我慢していた。ただそれの限界が夏に来た。

誰にも頼りたくなかった、いや、業務内容から察して精神病に理解のある人がここにも少ないと思った。
ただ幸いにも、人事の方が理解があった。また通院しながら仕事をした。
仕事は、楽しいとは言えなかった。それでも役に立てた時や、ありがとうと言われた時が嬉しかった。私は、私なりに自分の経験を活かして仕事をした。

ただ同期には、仕事の話をしてもアクションが帰ってこなかった。
職場で頼れる先輩は3人いた。女性だった。
1人は出産のために辞めてしまった。
1人は出向してしまった。
残った先輩は、理解のある人だった。
2人が抜けた穴を埋めながら、私は私なりに出来る範囲の仕事をした。困ってる時は助ける、お互い様だとおもっていた。ただ同期は違った。助けてくれなかった。

段々仕事の量が増えて、更に同期と一緒にプロジェクトをしなければならなくなった。先月の話だ。
なんとかコミュニケーションをとって、仕事をしようとした。ただ、なぜかうまくいかない。
仕事もなかなかうまくいかなくなっていった。ルーチンが滞っていくようになった。遅刻ギリギリになり、ついに遅刻と無断欠勤をした。2月、限界が来た。
朝動きたくても動けない、電話をしたくてもできない。

這って会社に行った。
人事から「何をそんなに思い詰めることがある。親にここまで育てられてきたんだ、自分を大切にしなさい。ゆっくり仕事をしなさい」といわれた。

正直、何を言ってるのかわからなかった。
育てられた結果、大切にするべきとされる自分はいなくなっていた。
ただそれが悪いことらしいので、自分に傷という罰を与え始めた。
段々心と身体が分離していった。
そんな状態を2週間つづけたところで、周囲からストップがかかった。そして、1ヶ月休むことになった。


ただ私は今もわからない。
育てられた恩はある。しかし怨みもある。産まれてさえいなければ、こんなに苛まれることもなかった。
大切に育てられたのか、その大切は誰を主とした大切なのか。

死にたいより消えたい。なかったことにしたい自分。昔はいた気がする自分。
認知療法をするにも、もはやこの認知が間違っているのなら私はこの認知を長らく形成した過去をどうすればいいのか、1人でやれと放り出されたけれど、迷子になってしまっている。

今はなんとなくまた復職して、ひどくなって、突発的に自らを絶つ気がする、そんなことしか考えられない。なぜ生まれてしまったのか、ひたすら怨みしか積もらない。
私はこれから、どうすべきなのか?